本会議、予算委員会

避難所の環境改善急務 台風被害で(経済産業委員会)

2019年10月16日(水) 参議院予算委員会「台風19号被害」

(議事録は後日更新いたします)

 日本共産党の岩渕友議員は16日の参院予算委員会で、台風19号で甚大な被害を受けた福島県内各地で聞き取った住民の声をもとに、避難所の環境改善、断水地域での給水活動に対する国の後押し強化、自治体への人的支援を求めました。

 岩渕氏は、「プッシュ型支援」の推進を表明している安倍晋三首相に、「被災者の求める支援が一人ひとりに届くよう、最後まで追求するということか」と確認。安倍首相は「被災者の生活の安定を図るために進める」と答えました。
 岩渕氏は、福島県のいわき、郡山、須賀川、福島、伊達各市での聞き取りで、避難所に関して「板張りで寝ているので体が痛い」「温かいものが食べたい」「着替えやタオルがない」「テレビで情報を得たい」「携帯電話を充電できるようにしてほしい」との要望が次々に寄せられたとして、武田良太防災担当相に迫りました。


迅速な対応を
 岩渕 内閣府の通達「避難所の生活環境の整備等について」はどのような内容か。
 武田防災相 災害救助法が適用された自治体に対し、簡易ベッド、間仕切り、簡易台所等の整備、適温食の提供や栄養バランス等への配慮、福祉避難所の設置と介護員の適切配置、紙おむつ等の消耗品の購入を図ることを通知し、取り組みを促している。
 岩渕 現場ではそうなっていない。実行するためにどうするか。
 防災相 被災地のニーズや課題を把握し、見直すべきものは見直す。
 岩渕 命に関わる問題だ。迅速な対応を求める。被災地では朝晩の冷え込みが増している。被災者が体調を崩さないよう医療や保健師の体制整備も強く求める。
 岩渕氏は「断水も深刻で、水の確保対策が急がれる」と指摘。「断水地域では側溝の泥水で雑巾を洗うような状況で、泥出しや片付けに支障が生じ、医療機関でも医療器具を洗うことができず必要な治療ができなくなる可能性がある」と述べました。
 住民からは「顔を洗った水をためてトイレに使っている」「給水に1時間も並ばなくてはならず、給水制限もある」「給水は昼間のみで、働いている人はくみに行けない」「給水車に自宅近くまで来てほしい」などと、切実な声が上がっているとして対応を求めました。
 岩渕 命と暮らしに関わる重要な問題だ。給水車を増やすなど、国もバックアップをしてほしい。
 防災相 命に関わる重要な問題だ。厚生労働省、防衛省などの関係機関と連携し対策を講じている。

人的支援ぜひ
 岩渕氏は「被災自治体から人的支援への強い要望がある」とも指摘し、国の支援を要請。武田防災相は「自治体間の応援職員派遣を順次開始している。被災者にきめ細かい支援が届くよう、被災自治体の体制強化に努める」と答えました。
 最後に、岩渕氏は「生活と生業(なりわい)の再建のため、補正予算による財政措置をとるべきだ」と強調。安倍首相は「必要なら検討していく」と述べました。


↓質問映像(全編版、ダイジェスト版)

↓質問終了後コメント(全編版、ダイジェスト版)


(ボタンをクリックやタップすると議事録が開きます)