原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 新しい政治の一歩に

    2019.04.20しんぶん赤旗コラム

    新しい政治の一歩に

     統一地方選挙後半戦が最終盤。候補者の皆さんと訴えていると、多くの方が足を止めて話を聞いてくれます。住民のみなさんの困難や思いに心を寄せて、ともに解決をめざし、運動を広げる姿にあつい信頼が寄せられていると感じます。  初めての選挙という候補者の方もいらっしゃって、なぜ立候補を決意したのかという訴えに胸が熱くなります。日本共産党の議席は、住民と力をあわせて政治を前に動かし、住民の立場にたって議会ではっきりものをいう議席です。何としても全...続きを読む

  • 命とくらしを守る政治へ

    2019.04.15北海道コラム

    命とくらしを守る政治へ

     「復興以上に大事なのは議員」と発言し、事実上の更迭となった前五輪相の桜田氏。「最後は金目でしょ」「(大震災があったのが)東北でよかった」など、安倍内閣の閣僚による被災地と被災者を傷つける相次ぐ暴言に、福島でも「言語道断。辞任は当然」と怒りが広がっています。しかも下関と北九州を結ぶ道路、いわゆる「安倍・麻生道路」の「忖度」発言で辞任した前国土交通副大臣の塚田氏は、復興副大臣も兼務していました。安倍首相は「閣僚全員が復興大臣」といってきま...続きを読む

  • 市民と野党の共闘つらぬく

    2019.03.25北海道コラム

    市民と野党の共闘つらぬく

     一斉地方選挙です。23日に小樽、24日に札幌市北区にうかがいました。冬に戻ったような寒さのなか地域を歩いて支持を訴えたり、電話かけなどをするみなさんと接し、「必ず勝利へ」と力が入りました。  「食料品が値上がりして量が減った」「ストーブをたかずに我慢している人もいる」といったくらしの大変な実態とあわせて、「こんな時になんで大型公共事業なのか、増税や国保の値上げなのか」という怒りの声が寄せられました。命とくらしを守る政治に切りかえ、北...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo