原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • ブレずに市民と野党の共闘大きく

    2017.10.30北海道コラム

    ブレずに市民と野党の共闘大きく

     「結果は残念だったけれど、共闘の勝利は大きい。もっとみんなを励ましてほしい」と、街頭演説の後に声をかけられました。「選挙区の当選おめでとうございます」と声をかけてくれる記者がいたり、「選挙区は共産党、比例は立憲民主に入れたからね」という方もいました。市民と野党が力を合わせれば自民党に勝てることが示されました。共闘に大きな逆流が持ち込まれても、ブレずに共闘の旗を掲げ、本気でたたかう日本共産党への反応は熱く、信頼と期待を大いに感じる選挙で...続きを読む

  • 党利党略の解散に審判を

    2017.09.18北海道コラム

    党利党略の解散に審判を

     安倍首相が、二十八日に召集される予定の臨時国会冒頭で衆議院を解散すると言っています。森友・加計問題をめぐる疑惑、日報隠ぺい疑惑にフタをするための、あまりにも露骨な疑惑隠しであり、国民の怒りと批判、野党の追及に追い込まれていることの表れです。  野党四党は六月末に、これらの疑惑を明らかにするため、憲法五三条に基づいて臨時国会を開けと要求してきました。この求めに応じず三ヵ月も放っておいて、ようやく臨時国会を開くと思ったら、まともな議論も...続きを読む

  • 共闘の努力ここに

    2017.09.03しんぶん赤旗コラム

    共闘の努力ここに

     恒例となっている日本共産党東北ブロックの後援会交流・決起集会が8月25、26両日、青森県平川市で開かれました。日帰りを含め約300人の方が参加し、会場は熱気でいっぱい。とにかく元気になりました。  昨年の参院選、7月の仙台市長選など、市民と野党の共闘を発展させる先頭に立ってきた東北。各地の取り組みを聞いて、どんな努力や苦労、やりがいがあったのかよく分かりました。これらの経験は総選挙にも生きるものばかりです。 続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo