原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 泣いて、笑って 未来開く

    2019.02.16しんぶん赤旗コラム

    泣いて、笑って 未来開く

     福島県女性党員学習交流会議に参加しました。40回目となる会議です。会議が始まったころは、女性が泊まりがけの会議に参加すること自体、たたかいだったと聞きました。  当初は夜も分科会を行い、悩み苦労などを交流士合う涙、涙の会議だったけれど、「楽しく元気の出る会議にしよう」と始まったのが夜の交流会でした。夜の交流会では、笑って泣いて、歌って踊る。大門みきし参院議員が「見てはいけないものを見てしまった」と言ったことは忘れられません。 ...続きを読む

  • 運動と結んで政治を前へ

    2019.02.11北海道コラム

    運動と結んで政治を前へ

     通常国会開会から2週間余り、野党の追及で統計不正問題での嘘と隠ぺいが次々と明らかに。特別監察委員会の報告書について、不正調査にかかわった職員に対する聞き取りが官房長や審議官同席で行われ、報告書の原案を厚生労働省が作成していました。関係者の国会招致がようやく行われたものの、統計不正について答えないのはあまりにもひどいことです。  失業した方や労災で亡くなられた方の遺族年金など、命綱ともいえる給付が、2000万人、567億円過少給付され...続きを読む

  • 安倍政治への怒り広がる

    2019.01.21北海道コラム

    安倍政治への怒り広がる

     昨年よく使ったフレーズの一つが「偽造、ねつ造、安倍晋三」でした。これは今年も続いています。安倍首相は辺野古への違法な土砂投入にあたって「サンゴは移した」と嘘を言い、毎月勤労統計の偽装が明らかになりました。毎勤統計の偽装による被害と影響は甚大であり、閣議決定した予算案が修正されるというのは前代未聞のこと。真相を明らかにしなくてはなりません。  「カラスが鳴かない日はあっても、安倍首相が嘘をつかない日はない」と言った方がいらっしゃいまし...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo