原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 鉄路は地域存続に大きな役割

    2018.06.04北海道コラム

    鉄路は地域存続に大きな役割

     JR北海道問題での要請で、畠山和也前衆院議員、道議団のみなさんが国会に。紙智子、山添拓参院議員とともに同席しました。 続きを読む

  • 原発事故は収束していない

    2018.05.14北海道コラム

    原発事故は収束していない

     東京電力福島第一原発事故から7年2カ月が経ちました。この間、安倍政権によって原発事故を終わったことにしようとする動きが次々出てきています。  福島県内には、空間の放射線量をリアルタイムで測定する「モニタリングポスト」が設置されています。原子力規制庁は、多くのモニタリングポストを撤去し、昨年避難指示が解除された地域に配置するといいます。しかし、「モニタリングポストは空間放射線の情報を自分の目で確認できる唯一のもの。原発事故は収束してい...続きを読む

  • 共闘広げ安倍政権退陣へ

    2018.04.28しんぶん赤旗コラム

    共闘広げ安倍政権退陣へ

     「安倍政権はいつやめるのか。どれか一つでも総辞職しなくちゃいけない問題ばかりじゃないか」―街頭宣伝でこう声をかけられました。隠ぺい、改ざん、ねつ造、圧力、セクハラなど、安倍政権のもとで次つぎ出てくる大問題に国民のみなさんの怒りが広がっていることを感じます。  野党6党は与党に、麻生財務大臣の辞任、総理秘書官だった柳瀬氏の証人喚問など4項目の要求を突きつけていますが、ゼロ回答のまま。審議の前提を壊しているのは与党です。 続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo