原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 悪法は徹底審議で廃案に

    2018.06.25北海道コラム

    悪法は徹底審議で廃案に

     今ごろ国会はとっくに閉会していたのですが、7月22日までの会期延長が強行されました。与党からは野党に一切説明がありません。国会軽視もはなはだしい。延長をうけて安倍首相と会食した自民党幹部から、首相が「国会での集中審議は勘弁してほしい」と言ったことが報道されました。  志位委員長は「勘弁ではなく、観念して真実を語るべき」と言いましたが、その通りです。自民党幹部はあわてて、「総理はそんなことは言っていない」と取り消しましたが、安倍首相は...続きを読む

  • 福島廃炉から原発ゼロへ

    2018.06.16しんぶん赤旗コラム

    福島廃炉から原発ゼロへ

     「福島第2原発全号機を廃炉の方向で具体的に検討を進める」と東京電力の社長が14日に表明しました。  福島県議会では、第2原発全基廃炉を求める意見書が全会一致で4回も可決され、同様の意見書や決議が、県内59ある全ての市町村で可決されており、第2原発の廃炉は福島県民の総意です。あまりにも遅すぎるとはいえ、県民世論が東京電力を追い詰めた結果です。 続きを読む

  • 鉄路は地域存続に大きな役割

    2018.06.04北海道コラム

    鉄路は地域存続に大きな役割

     JR北海道問題での要請で、畠山和也前衆院議員、道議団のみなさんが国会に。紙智子、山添拓参院議員とともに同席しました。 続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo