原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 野党が力を合わせた特別国会

    2017.12.11北海道コラム

    野党が力を合わせた特別国会

     「古い友人、新しい友人と力を合わせることができることは喜びです。一緒に頑張りたい」。ある団体の大会でこんな挨拶をされた方がいました。先日閉会した特別国会でも、野党が大いに力を合わせました。当初は八日間だった会期を三九日間にさせました。質問時間の配分で、五対五の提案を三対七に押し返しました。共謀罪廃止法案など三つの法案を共同で提案しました。引き続き国会の内外で力を合わせていきます。 続きを読む

  • 静かな議場に活気

    2017.11.26しんぶん赤旗コラム

    静かな議場に活気

     特別国会での本格的な国会論戦が始まりました。通常国会閉会から実に5カ月ぶりのことです。安倍晋三首相は所信表明演説で森友・加計問題には一言も触れず、「丁寧」という言葉とはほど遠いものでした。  日本共産党は衆議院では志位和夫委員長、参議院では山下芳生副委員長が代表質問に立ちました。参議院の本会議場では、山下さんが質問を始めると、待ってましたとばかりに野党席から「そうだ」の声。自民党席からは負けじとやじが飛んで、それまで静かだった議場が...続きを読む

  • 話し合いで解決するのが“かっこいい”

    2017.11.20北海道コラム

    話し合いで解決するのが“かっこいい”

     いよいよ本格的な冬がやってきました。寒い中でも、安倍政権の暴走を許さない運動は熱い。  憲法九条改悪阻止の三千万人署名。東京では毎週木曜日に日本共産党が街頭宣伝をスタートさせ、国会議員団も参加しています。私も訴えました。驚いたのは反応のよさです。署名板を持った途端、「署名します」と声をかけてくれたのは大学生でした。「戦争になったら真っ先に行くことになるのは僕たちです。戦争するんじゃなくて、話し合いで解決するのがかっこいいと思います」...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo