原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 劣悪な外国人労働者の労働実態

    2018.11.26北海道コラム

    劣悪な外国人労働者の労働実態

     外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法案改定をめぐって、失踪した外国人技能実習生の聞き取り結果の政府発表で、データの偽装や誤りが明らかになりました。前提が崩れたまま審議を強行しています。 続きを読む

  • 労働者をモノ扱いの政治

    2018.11.17しんぶん赤旗コラム

    労働者をモノ扱いの政治

     いま大問題になっている外国人労働者の受け入れ拡大法案。連日のように野党合同ヒアリングが行われ、外国人技能実習生の方々が「朝8時から夜12時まで働いて残業代が1時間300円」「パワハラ、いじめにあった」「除染作業をやらされた」など深刻な実態を訴えています。  国際社会から奴隷労働と批判されているのが、技能実習制度です。家族と離ればなれ、職場の選択や住まいの自由など基本的人権が認められていません。 続きを読む

  • 地産地消の分散型電源へ

    2018.11.05北海道コラム

    地産地消の分散型電源へ

     ブラックアウトの影響と今後どのような対策が必要かを調査するため、紙智子参議院議員、畠山和也前衆議院議員と十勝へ。家畜のふん尿をつかったバイオガス発電に取り組む鹿追町にうかがいました。  鹿追町は、酪農と畑作を営む戸数が半々ということで、発電はもちろん、できた肥料を畑作農家が利用しています。発電で出た熱をつかって、チョウザメの飼育や冬場のマンゴー栽培も行われています。十勝管内では、こうした地域の特性を活かした発電の取り組みを、さらに広...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo