原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
決算委員会/
東日本大震災復興特別委員会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
決算委員会/
東日本大震災復興特別委員会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、決算委員、東日本大震災復興特別委員。

わたしの思い

  • 疑惑のままで終わらせぬ

    2020.06.20しんぶん赤旗コラム

    疑惑のままで終わらせぬ

     新型コロナウイルスが収束しないもとで、野党が通常国会の大幅延長を求めたのに対し、それを与党は受け入れず、国会は閉会となりました。しかし、「国会を止めるな」という声が広がり、まずは来週以降、7月いっぱいは、閉会中、政府・与党に関連する委員会の開催を約束させました。  私が所属する経済産業委員会では来週、閉会中審査が行われます。事業者の命綱である持続化給付金の一刻も早い給付など、現場の声と結んで求めていきたいと思っています。  疑惑に...続きを読む

  • 現場の声が政治動かす

    2020.04.04しんぶん赤旗コラム

    現場の声が政治動かす

     担当している参議院決算委員会の質疑が4月1日から始まりました。この日は全大臣出席のテレビ中継ありの質問で、日本共産党からは大門実紀史議員が、新型コロナウイルスに関する経済対策、中小企業支援について取り上げました。  キーワードの一つは「自粛要請と補償はセット」です。政府による自粛要請に、政府が責任もって補償するのは当然のこと。これが感染を防ぐ力にもなります。そして、消費税減税を求める声が党派を超えて広がっています。  大門議員はも...続きを読む

  • 現場の実態にあった対策を強く求める

    2020.03.02北海道コラム

    現場の実態にあった対策を強く求める

     新型コロナウイルスをめぐって、安倍首相が全国一律で小中高校の休校を要請したことで、不安と混乱が一気に広がりました。しかも、学校は休みだけれど、保育園や学童保育は開所。矛盾しています。安倍首相の記者会見では、なぜこのような要請を行ったのか、その科学的な根拠は示されませんでした。しかも、親が仕事を休んだ場合の休業補償はどうするのかなど、これから10日かけて考えるというのです。あまりに無責任です。財政的な裏付けをもった対策が必要です。  ...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo