原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 金足農業高校と校歌

    2018.09.03北海道コラム

    金足農業高校と校歌

     8月末、甲子園に沸いた秋田県にうかがいました。公立高校で、全員が秋田県出身という金足農業高校の活躍は大注目となりました。終わった後も、秋田県では「金足ロス」という言葉が聞かれるくらい、県民の心に残る活躍となったことを感じました。  金足農業の選手たちが勝つたびに全力で歌っていた校歌。「しんぶん赤旗」の「潮流」が、校歌を作詞した国文学者の近藤忠義が治安維持法で検挙され、戦後まもなく日本共産党に入党していたことを紹介し、どこでも話題にな...続きを読む

  • 命と人権をふみにじる政治を変えよう

    2018.08.06北海道コラム

    命と人権をふみにじる政治を変えよう

     連日30度超えの「災害」といわれる暑さのなか、札幌市で60代の女性が熱中症で亡くなるという痛ましい事態が起こりました。クーラーも扇風機もありながら、電気が止められており使うことができませんでした。  この方は生活保護を利用されていましたが、ケースワーカーの訪問は定期的に行われておらず、今年1月の訪問が最後だったといいます。2012年に札幌市で40代姉妹の孤立死が起きたことをきっかけに、厚生労働省は事業者と関係部局との連携を徹底するよ...続きを読む

  • 共闘進める党を大きく

    2018.07.21しんぶん赤旗コラム

    共闘進める党を大きく

     怒りのなかで通常国会が閉会となります。強引な会期延長で、自民党の党利党略でしかない「参議院選挙制度改革」を成立させ、豪雨災害の対応よりもカジノ法案の審議を優先させるという暴挙を行いました。  その結果、豪雨災害が広がるなか、カジノ担当大臣であり、国土交通大臣である石井啓一大臣が、広島県内の川の氾濫を昼のニュースで知るという事態にもなりました。誰もが「カジノなんか審議している場合ではない。救援・復旧が最優先だ」と、いてもたってもいられ...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo