原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

いわぶち 友

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

いわぶち 友

原発ゼロ。平和が原点。たたかうときは、みんなで。

経済産業委員会/
東日本大震災復興特別委員会/
国民生活・経済に関する調査会

活動

国会質問

プロフィール

プロフィール

1976年10月3日生まれ。福島県喜多方市出身。1999年に福島大学行政社会学部卒業。福島県臨時職員、消費生活センター相談員を経て、
2005年から日本民主青年同盟福島県委員長として、核兵器廃絶等平和運動、若者の雇用問題などに取り組む。
2010年に日本共産党福島県委員会常任委員。2010年、2013年の参議院福島選挙区から立候補。
2012年、2014年の衆議院選挙で比例東北ブロックから立候補。2011年3月11日に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、
日本共産党福島県被災者救済対策本部長として被災者救援活動などに取り組む。
2016年参議院選挙で比例代表選出で初当選。現在、経済産業委員、東日本大震災復興特別委員。国民生活・経済に関する調査会委員。

わたしの思い

  • 参議院選挙の勝利で増税中止を

    2019.06.03北海道コラム

    参議院選挙の勝利で増税中止を

     経済産業委員会で、中小業者の事業継続力強化を内容とする法案の審議がありました。「事業を続ける展望が持てない」「子どもに継がせられない」と、中小業者の廃業が増えています。政府が「事業承継は喫緊の課題」とする背景には、廃業をこのまま放置すれば、2025年頃までに約650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる可能性があり、日本経済全体の問題だという現状認識があります。 続きを読む

  • 展望・希望語りあう選挙に

    2019.05.25しんぶん赤旗コラム

    展望・希望語りあう選挙に

     参議院選挙にむけて、5野党・会派が全国32の1人区のうち新たに8選挙区で野党統一予定候補の一本化で合意しました。これで11選挙区で一本化が確認されました。東北では山形県と福島県で合意となり、福井県では共産党の候補が統一となりました。予定候補として奮闘されてきた山形県の浜田藤兵衛さん、福島県の野口徹郎さんに心から敬意を表するとともに、ひきつづき市民と野党の共闘の勝利、比例での躍進のために力をあわせたいと思います。 続きを読む

  • 日本若者協議会と意見交換

    2019.05.13北海道コラム

    日本若者協議会と意見交換

     若者の声を政策に反映させようと、各政党に政策協議・提言を行っている日本若者協議会のみなさんとの意見交換会に参加しました。参加者の多くは高校生や大学生です。事前にテーマごとにグループで議論を行って提言をまとめたものを紹介してもらい意見交換をしました。  参加したテーマは復興や防災など。貧困をテーマにしたグループも一緒でした。避難所の環境を改善をできないか、奨学金の情報を知らずに大学に進学できなかった友人がいたので情報提供の機会を増やし...続きを読む

友ちゃんを語る

© 2016 Iwabuchi Tomo